URA.BLOG  ウラ 裏 うら ura? うりゃ~

ある一言がきっかけで奮起!   ただいまダイエット継続中です!!!  ぼちぼちがんばるで~

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
モッピー | お金がたまるポイントサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
URAさん お久しぶりですねー
前回からかなりごぶさたですよ
今日は二十歳前後の清楚な感じな娘だ

おいらを個室に誘導し
おいらのコートを受取りハンガーにかけ
ここに座ってくださいといいおいらをベットに座らせた

彼女:『でははじめますね』とやさしく彼女は言った
おいらは『はぁ・・・』と小さい声で返した
彼女がおいらに覆いかぶさるような形となり
ゆっくりとベットに倒していった
彼女はおいらをじっくりと見つめ、おいらに言った
彼女:『だめでしょちゃんとしないと』
彼女:『じゃー 私がしてあげますから ちゃんとしましょうね』
URA:『はぁ~』(小さくうなづいた)
彼女:『あわてないで ゆっくりと時間をたっぷりかけてね』
彼女:『はやいわよ もっと ゆっくりと』

そっとおいらの手の上から彼女の小さい手を添えてきた
彼女の手は白くひんやりと冷たく気持いい
そして添えた手をゆっくりと動かしおいらをリードした
彼女:『こ・こ・よ・』
彼女:『力を抜いて私の動きを覚えてくださいね』
彼女:『ゆ・っ・く・り』
彼女『や・さ・し・く』と小さい声で繰り返し彼女が言った
おいらは彼女の動きに合わせ言うとおりにした
彼女:『はやいわよ もっと ゆ・っ・く・り  や・さ・し・く』
彼女:『指の力をもっとぬいて もっとやさしく』
彼女:『次は こ・こ・』

おいらのもの覚えの悪さとおいらの動きに彼女はじれったさを感じ
口調が強くなった
彼女:『違うでしょ!』
おいらは慌ててさっき言われたことを思い出し 丁寧にした
彼女:『そこの次はここ!』
彼女:『はやいわよ もっとゆっくり やさしく』
おいらへを繰り返しののしった

・・・・・

じぃーっとおいらのことを監視している
おいらは忠実に彼女に従った
彼女:『ちゃんと 覚えてくださいね』
彼女:『時間をかけてしないと だめよ』

・・・・・

しばらく彼女のいうとおりにしていると彼女は
『そろそろ いいでしょ』といい
おいらの体をゆっくりと起こした

個人レッスンが終わりのようだ
おいらはカチンコチンになった体をほぐしながら
URA:『ふぅ~』とため息をついた

ふだんより十分な時間をかけ おいらとしてはかなりがんばった







ちゃんと歯をみがかないと歯石になるので
皆さんも注意してくださいね

・・・歯医者にて歯石治療でした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。